レーシックで見える世界が広がる!

What's レーシック?

新鮮できらびやかな世界が広がる!レーシック手術とは何か

レーシックとは、近視や乱視といった視力異常を持つ方に対して手術を施すことで、いわゆる裸眼状態でも日常生活を過ごせるようになる施術方法です。
視力矯正用器具であるメガネやコンタクトレンズがいらなくなる、まさに画期的な手術となります。
90年代にアメリカで広まった手術方法で2000年に日本に輸入され、厚生労働省の認可を経て一気に広まっていきました。
具体的にはレーザーを用いて角膜の屈折率を変え、視力を矯正していく手順がとられます。
即効性があり、術後2~3時間後で視力回復を実感でき、翌日には日常生活を送れるレベルにまで回復しています。
手術を受けた人の中には遠視の状態になったり左右で見え方が違ったりなど、多少の副作用を起こす方もいますが早ければ1ヶ月、遅くても2~3ヶ月で完全な状態になります。
レーシックは基本的に安全性の高い手術ですが、2009年に東京のとある眼科で手術を受けた多くの人が、感染症角膜炎に集団感染した事例があり、これは病院内の衛生管理が悪かったために起こったものでした。
レーシック手術を行いたいと思った時は転ばぬ先の杖として、念のため施術を行っている各病院の情報をホームページなどで調べ、安全性を確かめてから希望する医院に相談に行くことにしましょう。

レーシックとはなにか?

レーシックは、医療用のレーザー機器を用いて、角膜の変形を修正することで視力を矯正する手術方法です。
主に、角膜が楕円形に変形している場合に用いることができ、近視を矯正することができます。
技術の供給からそれなりの時間が経っているため、医療機関でも価格競争が起こり、現在では10万円未満の費用で利用することができます。
それでも数万円は必要な手術、それでもなおレーシックを利用するメリットは大きいのです。
近視の場合、メガネやコンタクトレンズで視力を矯正します。
単体であればレーシックの費用より安くなります。
しかし、眼鏡やコンタクトレンズは視力の低下にともなって度が合わなくなっていきます。
そうなると買い換えなければなりませんが、生涯にわたってそれを続けると、相応の費用にふくらんでしまいます。
手術なら裸眼視力を矯正できるので、こういった費用のかさばりをなくすことができます。
しかし、デメリットがないわけではありません。
角膜をレーザーで矯正する手術であるため、角膜の強度が下がってしまうというデメリットが有ります。
最近では角膜の強靭術を伴う「レクスト」という手術も登場していますが、費用は数倍に跳ね上がるというリスクも考えなければなりません。

Valuable information

豊中市 インプラント
府中 美容室
低濃度PCB廃棄物処理
まつげエクステ

2018/1/26 更新

Copyright © 2015 What's レーシック? All rights reserved.